Yosuke
ヨウスケ
語学留学(1年間)

長年の留学が現実に。カナダ・トロントを選んだ理由は?

私がカナダへの留学を決意したのは小学生の時の担任がきっかけでした。担任の話を聞いて、常に留学してみたいという気持ちはあったのですが、中学校、高校となかなか機会が得られず、大学2回生を終えて、遂にカナダへ留学できることになりました。
留学先をカナダのトロントに決めたのにはいくつか理由があります。一つ目は、カナダの英語は他に比べて聞き取りやすく、標準的な英語であること。二つ目は、他の国に比べ、安全であること。三つ目はトロントには比較的日本人が少ないことです。日本語を話す機会が少ないことは、英語が上達する大きな手助けになります。ですから、こちらで生活する際には、できる限り日本語で話さない努力が必要です。

「英語を話せるようになる」。強い意志が充実した留学生活に。

私は留学するに際して、留学期間である一年をどう過ごすか決めず、ただ漠然と「英語を話せるようになる」という目標のみを持ってカナダで生活する予定でした。語学学校に関しても、当初、日本で全て決めていく予定でしたが、色々な留学経験者からの体験談を聞き、学校は現地で自分の目で見て、確かめた上で通うことに決めました。今ではこの選択のおかげで、自分が周りにいるどの人よりも有効に留学期間を使えたと自負しています。

知らない国での生活は大変。でもアクセスカナダに来てみてから・・・

英語圏の国に行くと、明らかになることなのですが、最初日本人はどの国の人よりも英語が話せません。言いたいことは伝わりませんし、相手が何を言っているのかも細かい点まで読み取ることは、非常に難しいです。僕も例外ではなく、日々生活していくことがすごく大変で、この程度の英語力で果たして自力で次の語学学校を決められるのかすごく不安でした。ちょうどその頃、日本人の友達に教えてもらったのが、ここ「アクセスカナダ」です。早速訪ねてみると、日本人スタッフの方が笑顔で迎えてくださいました。次の語学学校を早く探したかった僕は、自分の希望を伝え、それに沿う学校をピックアップして、コンタクトを取っていただき、次の週にはそれらの学校の無料体験授業に参加しました。約5つの学校をまわった結果、ある学校の雰囲気が非常に気に入り、次の月からそこで英語を学ぶことに決めました。

道は1つではありません。自分にあった学校選び。

このようにして、私はその後ESL(一般英語)、TOEIC、ビジネス英語と段階を踏んで学ぶことができ、今はビジネス英語学校でトロントの企業でのインターンシップを目標に、毎日学校に通っています。「アクセスカナダ」のスタッフの方々の協力がなければ、このような計画を立てることは不可能だったと思います。私の留学計画を参考までに紹介します。

1:ESL(一般英語)・・・20週間
2:TOEIC・・・8週間
3:ビジネス英語学校・・・8週間
4:インターンシップ・・・8週間

私は最終的に3つの学校へ行くことになったのですが、各校とも非常に特色がありました。例えば、印象に残っているのは発音矯正の授業や、プレゼンテーションを毎週行う授業などです。これらは英語のスキルを上げるだけでなく、私にプラスアルファの知識を与えてくれました。

1年間は決して長くなく、あくまでも限られた時間です。その期間を有効かつ効果的に過ごすには、現地の正確な情報は欠かせません。これを読んで下さったみなさんが充実した留学生活を考えているなら、是非「アクセスカナダ」に連絡を取ってみてください。親切、丁寧な日本人スタッフが、みなさんのご用件に答えていただけるはずです。